読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あすなろ日記

日々の出来事を少しでも

マグロがそんなに好きじゃないらしい

昨日、夕飯にお刺身が出た。

お刺身3種盛り。マグロと鯛と甘エビ。

妻と一緒に食べたのだけど、なんと妻から、実はマグロはそんなに、なんですと!知らなかった!

メモ。

今後、鯛など白身系お刺身は優先して廻してあげよう。

 

新年会

渋谷の「豪腕」というお店にて。

料理の美味しいお店でした。新しい出会いに感謝。

また行きたいな。

 

わざわざ口にするのも大事

先日、健康診断に。

そして、インフルエンザ注射を受けました。

このインフルエンザ注射が今回、なんと言ったらいいか、私をハラハラさせましたよ。

 

健診の中で採血がありますが、針見れないッス。怖いッス。

そして次は注射(1日で針2回刺されるの初めてじゃないかしら?)。

また針刺されるのかー、でも針の痛みはさっきくらいなら我慢できるよー、と思っていたらチト痛い。

鈍く痛い。終わってもまだ痛い。

そこで看護師さんが「注入するので、採血とは違い、浸透圧の兼ね合いで少し痛いんですよね」とのこと。

そういうの言ってくれるの大事!

軽くパニックだったので、安心した。

たくさんの患者さんがいるから、はい次、はい次となりがちだが、大変だけどみんなに言ってあげて欲しい。みんな安心するよ。

 

で、その日から2日間くらい刺した腕が少し痺れてたんだ。

何人かに1人、副作用とかあるそうじゃない?これも不安だったよー

看護師さん、あの時に何か言い忘れていませんか?みんなそうなんですけどーとか。「きき腕とは反対に刺します」と言っていたけど、そういうことだからですよね??

 

今は痺れも無くなってケロリとしてるけど、ずっとアレは嫌だ。

健康第一。

Life is good

 

ではでは。

成人の日といえば

今はどうか知らないが、20年くらい前はサントリーが毎年、成人の日には新聞広告を出していた。当時は成人の日、1月15日で固定でしたね。

 

お酒は二十歳から、なのでそれに合わせてサントリーウイスキーのプロモーション。この時は、倉本聰さんの書き下ろし文章が読めた。

覚えているのは、バーのマスターが、成人の日は親が子に「おめでとう」と言う日ではなく、子が親に「成人まで育ててくれてありがとう」と言う日だ、と言うやりとりだ。

 

当時、これはナルホドと感じ、これは親に言ったら喜ぶだろうと打算で伝えたら、母が思いの外感動してたのを覚えている。いいと思って取り入れたが、私発の発想ではなかったので少し気が引けた。

 

息子はどんな成人になるのだろう。

あと19年。

(なんだか成人を18歳とする動きもあるようだが)

仕事まだまだ頑張らねば。

細くとも長く、あと20年以上頑張るんだなー

 

帰省しました

妻の実家である広島へ。

私は2泊だけ。

妻と息子はそのまましばらく滞在し、ここでしっかり妻には日頃の発散をしていただく。

私は東京で一人時間が設けられて、お互い万々歳。win-winですな。

 

義父さんは左手を腫らしていて心配でしたが、義母さん共々概ね元気そうで安心する。とはいえ、腰などいろいろ大変だとも思うが。

健康は本当にただそれだけで価値がある。

 

2017年は、今後10年、20年を左右する変化の年になるかもしれない。

引っ越しを考えているが、引っ越ししたらもう次はしばらく引っ越ししたくない。物件探しは慎重に。妥協は無しだ。

転職は考えていないが、私は将来何をやって生きていきたいんだろう。今の職場で地位を上げるのが吉なのか。何か自分の作品を残したいなぁ、なんてぼんやり。せっかくこの世に生まれてきたのだから、楽しまないと。

 

決めた。

小さなことからコツコツと実行あるのみ、が今年の私のテーマだ。

 

口座開設と銘柄選定

口座が開設された。

まだログインはできない。

 

ログインできたとしても何を買うか決まっていない。

まずは投資信託だが、それでも5000以上あるらしい。

バランス型を一つではなく、

自分でポートフォリオを決めて組んでみようと思っている。

その方が手数料安いと聞いたような。

 

無難でいいのだが。。

人気ランキングみたいなのには騙されたくないなー

あれは営業が力入れて売った商品だからみんな買って、なんとなく売れてますみんな買ってますの見た目になっているんでしょ??

 

ここは大事。

慎重に選びたい。

年末年始のテレビ、録画してたテレビ、映画、DVDなどで忙しいんだけどな。

うーむ。

わしもに夢中

NHK Eテレで放送中の「わしも」

クドカン作、絵は安斎肇のアニメ。

これに息子が夢中です。

 

主題歌を歌います。「わしも、わしも」と連呼します。録画システムをなんとなく理解しているようで、テレビで再生するようリモコンを渡してきます。

一話再生終わるたびに催促があります。キリがないので無視すると、キーキー嘘泣き騒ぎます。困ったもんですが、可愛いもんです。

 

これだけ夢中になってのめり込むものがあってお父さんは羨ましい!

引き続き「わしも」を楽しみつつ、作品の幅を拡げていこう!

息子よ、その内インプットばかりでなくアウトプットもできるかしらん?

 

明日も楽しみです。